Micorsoft 365 Business 構築

Micorsoft 365 Business

構築

保有する情報(データ)に

対するリスク

事業継続計画(BCP)においてデータ保護は重要な施策です。業務データの消失は業務停止に直結します。

Microsoft 365 Business

導入によるデータ保護

Microsoft 365 Businessを導入することで、情報(データ)に対するリスクを大幅に削減できます。
このクラウドサービスのデータセンターは東日本、西日本の2か所に分けられています。顧客データはデータセンター内で復元可能な構成となっているだけでなく、データセンター間でも復元可能な構成になっています。
そのため、災害時であっても、データの堅牢性は非常に高くなっています。

SharePoint

  • フォルダー単位にアクセス権限管理を行う必要があり、情報漏洩のリスクを削減できます。
  • ファイルを誤って削除してもサーバーのゴミ箱から復元できます。
  • ファイルを誤って更新してもサーバーのファイル更新履歴から復元できます。
  • スマホからでもデータにアクセスできます。
  • 社外取引先とのデータ共有がセキュアにできます。

OneDrive

  • 個人で所有するデータもクラウドで管理できます。

Exchange

  • メールBOXをクラウドで管理(※)できます。

※ メールデータ・メールフォルダ・メール振分ルール・連絡先、カレンダーの管理

パソコン

  • パソコンには、データもメールBOXも持ちません。
  • PCリプレース時はクラウドにログインするだけです。バックアップや復元は不要です。

注意事項

クラウドにデータを配置しても、ランサムウェア攻撃を完全に防ぐことはできません。
そのため、Microsoft 365バックアップサービスがあります。